04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.11 (Wed)

鬼平犯科帳〈15〉特別長篇・雲竜剣 (文春文庫)

鬼平犯科帳〈15〉特別長篇・雲竜剣 (文春文庫)鬼平犯科帳〈15〉特別長篇・雲竜剣 (文春文庫)
(2000/10)
池波 正太郎

商品詳細を見る



いよいよ江戸時代へやって来ました。


池波正太郎氏の『鬼平犯科帳』。


この本に関して、何も言う必要はありません。

ただ読んでください(^^♪


まったく初めて目にしたよ、という人のために簡単に紹介を。

主人公は、火付盗賊改方の長官、「鬼平」こと長谷川平蔵

江戸時代では、主に放火、強盗、賭博が重罪だったようですね。

これらを専門に取り扱うのが、火付盗賊改方で通称「火盗改め」。

一種の特別警察のようなもので、独自の機動性を与えられていたそう。

その「火盗改め」の御頭、長谷川平蔵とその仲間たちが、

名うての盗賊たちと渡り合って、次々にお縄にかけていくというお話。

鬼平もさることながら、盗賊たちの中にも粋なのがいるんですねぇ。


全24巻のうち、今回紹介する第15巻「雲竜剣」と、あと数巻は長編ですが、

残りは短編なので、時代小説が初めての人も、さっくりと読めると思います。

読めるというか、きっとはまります。

眠れなくなること請け合いです


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 池波正太郎 鬼平犯科帳 長谷川平蔵 火付盗賊改 鬼平 二代目中村吉右衛門 歌舞伎役者

19:38  |  池波正太郎  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。