FC2ブログ

11月≪ 2020年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013.12.13 (Fri)

深川めし

深川めし

鬼平犯科帳レシピ」第4弾は「深川めし」です。

東京の郷土料理でもある「深川めし」は、あさりの味噌汁をご飯にかけたものと、

しょうゆ味で炊き込んだものの2種類あるそうです。

深川めし」は鬼平犯科帳シリーズ1第23話「用心棒」に登場するんですが、

猫殿という同心と鬼平が、みそ味がうまいかしょうゆ味がうまいかで談義しています。

どちらを作ろうか迷ったんですが、やはり鬼平がすすめる「みそ味」にしました。


 
深川めし



みそ味の「深川めし」とはつまり、あさりの味噌汁のぶっかけご飯です。

ということで、今回「深川めし」のレシピはありません^^;

私はあさりの他に、ねぎとにんじんと油揚げを入れ、
 
赤味噌と白味噌を使って、みりんで少し甘味を加えました。

あさりは剥き身がなかったので殻つきを使いましたが、あれば剥き身でOKです。

「深川めし」は、江戸時代漁師が漁の合間に簡単に食べられるように考えた昼飯で、

しっかり混ぜて食べるのが漁師流だそうです。


今回は箸休めに「みょうがの甘酢漬け」を作ったので、そのレシピを書いておきます。

みょうがの甘酢漬け」も鬼平犯科帳の別の作品に登場します。
 

vegitable01-01550.jpg 材料
みょうが・・・2パック
昆布だし・・・1/2カップ
酢・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ3
塩・・・少々

vegitable01-01550.jpg 作り方
  1. みょうがは縦半分に切って熱湯で1分弱ゆで、ざるにあげて冷ます。
  2. 昆布だしを火にかけ、温まったら砂糖、酢、塩を加えて冷ます。
  3. みょうがの粗熱が取れたら冷ました甘酢に漬けこみ、半日程度置いたら出来上がり。


う~ん、われながらこれは美味い!

やみつきになりそぉです。

みょうがの甘酢漬けは日持ちがするので、多めに作っておくと箸休めにいいですよね。

しょうゆ味の炊き込みも捨てがたいので、郷土料理レシピで作ってみようと思います。

みなさんも一度作って食べてみてくださいね。


次回の鬼平犯科帳レシピは、やはり時期的に何か温まるものにしようかなと思ってます。

また見に来てくださいね(^^)/




        ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 深川めし 鬼平犯科帳 郷土料理 江戸時代 漁師 箸休め みょうがの甘酢漬け 鬼平 炊き込み ぶっかけご飯

10:00  |  鬼平犯科帳レシピ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: タイトルなし

ぜひぜひ作ってみてください。
あさりのだしがきいてとってもおいしかったですよ。
剥き身がなかったんで、フォークでほじほじするのがちょっと面倒だったけど^^;

私もみょうが大好きです。
夏場はほぼ毎日味噌汁の具にしてます。

また感想教えてくださいねぇ(*^^)v
mimi→だわっち様 |  2013.12.14(Sat) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

アサリ大好きなんですよねぇ^^
深川めし美味しそう。

みょうがも好き。
これ今度試してみます☆
だわっち |  2013.12.14(Sat) 14:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://miyako151a.blog.fc2.com/tb.php/110-7ccdd488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |