FC2ブログ

05月≪ 2021年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013.11.19 (Tue)

信長燃ゆ(上)


今日は私の愛する「織田信長」を書いた歴史小説を紹介します。


信長燃ゆ〈上〉 (新潮文庫)信長燃ゆ〈上〉 (新潮文庫)
(2004/09/29)
安部 龍太郎

商品詳細を見る


今年の1月から3月にかけて、Kis-My-Ft2玉森裕太くん主演で、

金曜ナイトドラマ『信長のシェフ』をやっていたんですが、ご覧になりましたか?

初めは、あの大ヒットドラマ『JIN』の二番煎じだろうと思って、

あまり期待もしていなかったんですが、これが意外におもしろかった。

折しも『信長燃ゆ』の作者安部龍太郎氏が『等伯』で第148回直木賞を受賞されて、

たまたま立ち寄った本屋で平積みになっていたこの小説に目が留まりました。


本は「出会い」だとよく思います。

およそ生きている間にとうてい読み切れないほどの無数の本の中から、

その一冊に出会ったときの喜びは、子供の頃、未知のものに出会ったときの

あのワクワクした気持ちを呼び覚ましてくれます。

この小説もまさにそんな作品のひとつでした。


 犬山城
 (トリップアドバイザー提供) 

いきなり「本能寺の変」のくだりから入っていく、

起承転結の「結」が冒頭にくる手法が読み物として面白く、

信長の小説を初めて読む人にはインパクトが大きいと思います。

時の皇太子誠仁親王の実質的な妃である勧修寺晴子を中心とした、

朝廷の女官たちのしきたりや暮らしぶり、

また、伊賀忍者たちの話しも興味深く書かれています。


安部龍太郎氏の作品を読んだのはこれが初めてですが、

史実としてどうかは別にして、全体として読者を飽きさせることなく、

次を読み進めたいと思わせる一冊です。

特にこの作家の文章には「艶」があるのがいいですね。

信長と晴子とのロマンスはフィクションですが、小説なのでそれもありです。

禁断の恋は、特に女性読者をドキドキさせてくれます。


最後に心に残ったフレーズを記しておきます。


「人は泣くべきである。耐えきれぬ苦しみを抱えて生きていかねばならぬ者にとって、

 涙は絶望の淵から立ち上がらせるための心優しき伴侶である。」


次回は「信長燃ゆ(下)」を紹介しますね。


にほんブログ村 トラコミュ 歴史好き (ジャンル不問)へ
歴史好き (ジャンル不問)

人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking にほんブログ村 英語の日記(和英併記)

関連記事

テーマ : 歴史小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 織田信長 Kis-My-Ft2 玉森裕太 信長のシェフ 信長燃ゆ 安部龍太郎 等伯 直木賞 本能寺の変 伊賀忍者

10:00  |  Uのみみ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://miyako151a.blog.fc2.com/tb.php/85-c780b5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |